遺言書作成の流れ

公正証書遺言作成を、当事務所にご依頼頂いた場合の一般的な作成の流れと、一般的な必要書類は下記のとおりです。

 

@まずはお電話又はメール(問い合わせフォーム)を下さい

・相談料は無料です

・概要を説明させて頂きます

・来所日時の打ち合わせをします

・理由次第では出張も致しますのでご相談下さい

 

A当職事務所において司法書士と面談

・遺言内容、相続関係などを伺い、具体的なアドバイスをします

・その内容によった戸籍謄本や不動産の評価証明書など必要書類をご指示します

 

B必要書類の収集

・取得頂いた必要書類を預からせて頂きます。

・郵送して頂いても構いません

 

C遺言書の文案の作成

・当職が、伺った内容とお預かりした書類より、遺言書の文案を作成します

・この内容をご確認いただいて修正すべき点は修正して最終的な文案を決定します

 

D公証人との打ち合わせ

・当職が、作成した遺言書の文案、必要書類を持参して公証役場にて公証人と打ち合わせを行います

 

E公正証書遺言案の提示

・公証人が公正証書遺言の原案と費用の見積もり(公証人手数料といって、法律で定められています)を作成します

・その内容をご確認いただきます

 

F公証役場へ行く

・最後に、当職、証人2人、遺言者で、公証役場に行きます

・公正証書遺言を作成するためには、証人2人の立会が必要となり、証人は誰でもなれるわけではないので、当事務所で証人をご準備することも可能です

・病気等のために公証役場に出向く事が困難な場合には、公証人に出張してもらいます

・公正証書遺言が完成します

・公正証書遺言の原本は公証役場で保管され、遺言者には正本と謄本が交付されます

・公証人への費用の支払を行います

一般的な必要書類

一般的な必要書類を紹介致します。

 

・遺言者の出生から現在までの戸籍一式(除籍謄本、改製原戸籍、戸籍謄本)

・遺言者の住民票

・遺言者の印鑑証明書(作成後3カ月以内のもの)

・遺言者のご実印

・遺言を受ける方の戸籍謄本(推定相続人の場合)

・遺言を受ける方の住民票

・遺言で与える財産の資料

 ・不動産の場合は登記簿謄本、固定資産税評価証明書

 ・預貯金の場合は預金通帳、残高証明など

 ・株式の場合は株券やその写し

•証人となる者の住所・氏名・職業・生年月日を記載したメモ

•遺言執行者を指定する場合は、その者の住民票及び職業を記載したメモ

 

▲このページのトップに戻る