株式会社設立の流れ

設立手続きの流れを説明させて頂きます。

 

@必要事項の決定

・当職と依頼者様とで、最初に定めるべき事項(商号・本店所在地・目的等)を決定します

A類似商号の調査

・当職が、決定した商号に問題が無いかの調査をします

B定款等必要書類の作成

・当職が、定款を含む設立手続必要書類一式の作成をさせて頂きます

C資本金の払い込み

・資本金を発起人の方名義の通帳へ払い込みます

・払い込み完了後、払込済通帳のコピーをして頂きます

D設立手続必要書類一式への押印

・設立手続必要書類一式に押印をお願いします

・必要となる印鑑は、基本的には会社実印と役員又は出資者になられる方の個人実印です

・よって、この時点までに、出資者及び取締役の方全員の個人実印並びに印鑑証明書及び会社実印をご用意願います(会社実印はご依頼頂ければご用意致します)

E定款の認証手続き

・当職が、公証役場にて定款認証手続をさせて頂きます

F設立登記の申請及び会社実印届出手続

・公証人の定款認証手続が完了次第、当職より法務局に対して、設立登記申請手続及び会社実印届出手続を致します

G会社設立完了書類のお渡し

・会社謄本(履歴事項証明書)と、会社印鑑証明書を取得させて頂き、その他完了書類と一緒にお渡しさせて頂きます

H税関系、労働保険、社会保険関係の届出

・各種届出が必要ですが、手続は特に難しいものではありませんので、各役所に必要書類を持参すれば個人ですることも可能です

・ご依頼をご検討であれば、税関系は税理士の先生、保険関係は社会保険労務士の先生にお願いすることになります

・税理士の先生、社会保険労務士の先生をご紹介する事も可能です

 

▲このページのトップに戻る