「一定の相続人」「一定の割合」とは

上の文章で、遺留分とは、「一定の相続人」に留保された相続財産の「一定の割合」であり、被相続人の生前処分(生前の贈与等)又は死因処分(遺贈等)によって奪うことのできないものをいいます。

と述べましたが、

 

「一定の相続人」とは次の方をいいます。

 

@相続人である子(代襲相続人も含む)

A相続人である直系尊属

B相続人である配偶者

 

「一定の割合」は次のとおりです。

 

@直系尊属のみが相続人である場合 → 「遺留分算定の基礎財産」の3分の1

Aそれ以外の場合         → 「遺留分算定の基礎財産」の2分の1

▲このページのトップに戻る