相続登記(不動産の名義変更)

不動産を所有していた方がお亡くなりになられた場合、相続人の方へ名義を変える必要があります。

被相続人の方が遺言書をのこされていた場合、その遺言書をもとに名義変更の手続きを行います。

もし、遺言書がない場合は、遺産分割協議を行い、その協議の内容をもとに名義変更の手続きを行います。

遺言書がなく、遺産分割協議を行わない場合は、法定相続分に従って名義変更の手続きを行います。

▲このページのトップに戻る